フォレンジック調査

デジタルデータに法的証拠能力を持たせる一連の手続きを「コンピュータフォレンジック(またはデジタル法務フォレンジック)」といい、専門知識とノウハウが要求されます。
AOSリーガルテックの提供するデジタルフォレンジックソリューションは、サーバー、コンピュータ、USBなどのリムーバブルメディア、スマートフォンや携帯電話、タブレットなど、幅広く対応し、規模の大小を問わず、組織のニーズにあったフォレンジック調査を行い、デジタル証拠を取得します

調査事例

2010年10月11日、最高検察庁は、元主任検事Aについて、大阪地方裁判所に証拠隠滅の罪で起訴・・・

退職した社員から不当解雇、残業代未払いの請求訴訟を起こされたために会社側でも実態調査が必要となった。

大手製薬会社Aの元社員BがA社治療薬の臨床研究の論文データを不正に操作し、海外の医学雑誌に論文を・・・

幹部社員Aに対して、部下より、勤務態度が良くないので注意勧告して欲しいとの要望があり、・・・

2011年2月に力士の野球賭博問題で捜査で警視庁が押収した力士の携帯電話のデータから・・・

国際的な基準金利であるロンドン銀行間取引金利、LIBORの不正操作が発覚しました。LIBORは、英国銀行協会が、・・・

調査目的別