デジタルフォレンジックとは

img_forensic

コンピュータからモバイルデバイスまで、AOSリーガルテックは、広範なデジタルフォレンジックソリューションを提供します。

現代の企業では、日常的な活動情報の大半が電子処理されています。ひとたび企業内情報の調査が必要になると、膨大な量のデジタルデータを、法的に正しいプロセスで収集・解析する必要があります。電子情報はたいへん改変が容易であるためデータを証拠として取得するには、「保全(複製)」手続きが必須です。その上で現データや過去データから関連情報を「復元」「抽出」「解析」します。
このようにデジタルデータに法的証拠能力を持たせる一連の手続きを「コンピュータフォレンジック(またはデジタル法務フォレンジック)」といい、専門知識とノウハウが要求されます。AOSリーガルテックの提供するデジタルフォレンジックソリューションは、サーバー、コンピュータ、USBなどのリムーバブルメディア、スマートフォンや携帯電話、タブレットなど、幅広く対応します。規模の大小を問わず、組織のニーズにあったフォレンジック調査を行い、デジタル証拠を取得します。

フォレンジックサービス

フォレンジック調査は、既に消えてしまったデータや管理情報をも対象に精細に情報を取り出し、実際にどのような操作が行われたのかをデータから解明する作業です。フォレンジック調査で、既に削除したデータなどから重要な情報を検出し復元することができます。すでに消されてしまったデータの中に、証拠として必要な情報があるかもしれません。AOSリーガルテックは、ハードディスク、USB、スマートフォンから、削除されたデータも含めて証拠性のある関連データを調査・復元して取得します。
AOSリーガルテックは、セキュリティインシデント発生時に、デジタルフォレンジックサービスで事実の究明をお手伝いいたします。国際・国内訴訟、事件捜査、疑惑の解明のほか、企業活動における内部不正行為の調査、情報資産の保護など、企業組織のリスクマネージメントを支援します。

パソコンフォレンジック調査

パソコン、サーバーのハードディスクや、USBメモリー等のリムーバブルメディアなどあらゆるメディアに対して、詳細な解析調査を行い、事実究明のために必要なデジタル証拠を保全します。
調査対象はレジストリ、システムログ、アプリケーションログを始めとして、削除されたデータも含めて解析し、取得可能なあらゆるデータを保全します。

モバイルフォレンジック調査

スマートフォンや携帯電話、タブレットなどのモバイルデバイスに対して、詳細な解析調査を行い、事実究明のために必要なデジタル証拠を保全します。調査対象は、システム情報、通話ログ、システムログ、アプリケーションログを始めとして、削除されたデータも含めて解析し、取得可能なあらゆるデータを保全します。

フォレンジック教育

フォレンジックツールを使いこなすためにAOSリーガルテックは、ファイナフレンジック研修、Nuixトレーニングを提供しています。