デジタル鑑識

Forensicsは、法医学や鑑識という意味の言葉です。
コンピュータフォレンジック(Computer Forensics)とは、事件、犯罪、法的紛争などの際に関連する電子データを調査し、法的証拠性を明らかにする技術や手法の総称です。

デジタル鑑識とは

デジタル鑑識とはデジタルデータを専門機器を使って、法廷で証拠として提出可能な状態に証拠性を確保した上で、専門調査官が分析、調査するフォレンジック調査です。
フォレンジック調査は、既に消えてしまったデータや管理情報を対象に精細に情報を取り出し、実際にどのような操作が行われたのかを、データから解明する作業です。フォレンジック調査で、既に削除したデータなどから重要な情報を検出し復元することができます。

  • 機密情報への不正アクセスやダウンロード履歴(情報漏洩)
  • 許可されていないファイルのコピー、改ざん履歴(内部不正)
  • USBメモリ等、外部メディアによる情報持ち出し (情報漏洩)
  • Webメール、チャットの履歴 ・削除・消去されたメール(勤務実態)
  • インターネット利用履歴(私的利用、違法サイト閲覧)
  • 会計データの作成、書き換えなどの履歴(粉飾決算)
  • タイムスタンプ情報(知財訴訟、労働争議)

»フォレンジック調査の提供事例はこちら

AOSリーガルテックのフォレンジック調査が提供する法廷提出用データ復旧

現代の企業では、日常的な活動情報の大半が電子処理されています。ひとたび企業内情報の調査が必要になると、膨大な量のデジタルデータを、法的に正しいプロセスで収集・解析する必要があります。
電子情報はたいへん改変が容易です。そのためデータを証拠として取得するには、「保全(複製)」手続きが必須で、その上で現データや過去データから関連情報を「復元」「抽出」「解析」します。
このようにデジタルデータに法的証拠能力を持たせる一連の手続きを「コンピュータフォレンジック(またはデジタル法務フォレンジック)」といい、専門知識とノウハウが要求されます。

AOSリーガルテックは、コンピュータ・フォレンジック技術にもとづく調査サービスを提供します。
パソコンのハードディスクや外部メディアに記録されたデータを、専門的な手続きで調査・解析します。消された情報や表面には見えないデータをも復元・調査し、リスク解決、トラブル回避のお手伝いをいたします。
その際、削除や変更されたデータも含め、フォレンジック手法に基づいて証拠保全した上での復元を実施するため、法的係争に発展した場合にも安心です。

また、昨今のモバイル端末の普及に伴い、携帯電話やスマートフォンのフォレンジック調査の需要が急激に増加しています。
不正や情報漏えいの証拠がモバイル端末に残されているケースも見受けられます。
携帯電話の発着信の履歴などが消去されていても復元し、訴訟用証拠データとして活用できます。

»モバイルフォレンジックはこちら

フォレンジック調査は、主に企業法務部門、法律事務所、官公庁様には、情報漏えい調査、不祥事調査、特許関連訴訟など、法規・裁判に関連してご利用いただいております。
なお、財務、人事部門などでは、勤怠状況のような事実調査や、監査などデータの作成・改変状況なども正確に把握する必要がある局面で多くご利用いただいております。

»お問合せ・お申し込みはこちら

»フォレンジック調査の事例はこちら