モバイル調査

携帯電話の復元調査事例

調査内容: 2011年2月に力士の野球賭博問題で捜査で警視庁が押収した力士の携帯電話のデータから賭博事件とは関係のない八百長が疑われる証拠が出てきたため、大相撲協会が特別委員会を設置して実態調査を行った。 調査結果: 力士から押収した携帯電話の証拠復旧作業を行い、メールなどの解析作業を行いました。その結果、25人が八百長に関与していると認定し、相撲協会は、25人の力士や親方が八百長に関与したとして、解雇や引退勧告などの処分を行った。

スマホのLINEトークやメッセージの復元調査事例

学校においていじめが発覚した場合、その実態を解明することは非常に困難です。加害者どうしがかばい合う場合が多い上、報復を恐れて被害生徒が自ら加害者を摘示することが多くないからです。このような場合には、モバイルを調査することで誹謗中傷の文言を客観的証拠として確保する必要があります。

捜査機関の解析結果の再調査事例(セカンドオピニオン)

被告人の多くは逮捕時にモバイルを押収され、訴訟でモバイル端末の解析結果が捜査報告書として証拠調べ請求されるケースは少なくありません。しかし、これに記載されたデータの中には、本来であれば存在しているはずのデータが記載されていない場合もあり解析が不十分ではないか、または被告人に不利なものだけが記載されているのではないか、といった疑念が生じます。

スマホで削除されたSMSの復元調査事例

麻薬の売買においては、携帯・スマホでのメール、LINE、SMS等が使用されるケースが多い。このケースの場合は、削除から復元されたSMSは1000件を超えていた。そのスマホは被疑者のプライベートな情報がほとんどないことより、売買専用のスマホであったのではないかと想定される。