AOS画像解析フォレンジック Professional

Adobe_PDF_file_icon_32x32.png製品カタログはこちら

断片化、破損した動画ファイルを修復して証拠データを抽出します

AOS画像解析フォレンジック Professional は、断片化された動画フレームを検出して証拠データとして取り出す、動画フォレンジクツールです。動画ファイルのヘッダが上書きされていたり、破損していたり、OSがサポートしていない動画データでも、復旧し、証拠データとして抽出します。

どんな状況からも動画データを復旧

ファイルが削除または破損した場合やメディアがフォーマットされている、または、プレーヤーが壊れているなどいったケースでも動画データを復旧することができます。

様々な環境から動画データを抽出

様々なファイルシステム、デバイス、コーディックからでも動画データを取り出します。

破損した動画ファイルにタイムスタンプが残っている場合は、時間データを抽出します。
どのようにして動画データを抽出するのか?

ファイルシステムのヘッダ情報や動画ファイルをそのままトレースするのではなく、それぞれのフレームに蓄積されたデータとコーデック情報に着目してフレーム単位でデータを検出します。

ファイル復元との違い

ファイル復元ソリューションは、ファイルシステムやファイル自体のどちらかのヘッダー情報を頼りに復元しています。ヘッダーが破損している場合、動画データ全体を喪失してしまいます。

imgdata4_n

データ復元以外の機能

AOS画像解析フォレンジック Professionalは、証拠データ抽出・復元機能だけでなく、動画フォレンジックに必要なフレーム単位での静止画保存・動画再生機能も提供しています。

対象業種

AOS画像解析フォレンジック Professionalは、様々なシチュエーションで破損したデジタル証拠を復旧して、活用するためのソリューションです。

捜査機関 破損したデジタル証拠を復元
保険会社 破損したドライブレコーダーから自動車事故の動画データを復旧
警備会社 事件の原因を調査分析するために使用
不正調査サービス 顧客のストレージメディアから破損ファイルを復元
導入実績

AOS画像解析フォレンジック Professionalは、韓国の警察、裁判所などで映像証拠を提供するフォレンジックツールとし幅広く活用されています。