画像解析フォレンジック

画像解析フォレンジック

AOS画像解析フォレンジック

AOSの画像解析フォレンジックは、最先端の画像解析技術で識別困難な状態からも証拠となる画像、動画データを抽出することができます。主に監視カメラ、ドライブレコーダー、スマートフォンなどの画像データから犯罪捜査、不正調査の証拠となる画像を解析調査いたします。走行中の車内の人物像、ぶれたナンバープレート、夜間の監視カメラの犯人像も超解像度の鮮明化技術を駆使して、捜査の手がかりとなるデータ解析を行います。

瞳に映った犯人も超解像度化技術で証拠データとして解析します

容疑者がスマートフォンで撮影していた写真の中に被害者の瞳に容疑者の影が映りこんでいることがわかり、容疑を裏付ける決めての証拠とされた事件がありました。AOSの画像解析フォレンジックの超解像度化の技術は、複数フレームの画像ピクセル情報を計算し組み合わせることで、高解像度の画像に変換し、瞳に映った人物像も浮き上がらせることが可能です。

imageanalysis_forensics02

複数フレームを組み合わせて画像の鮮明化を行います


画像解析フォレンジックでできること

超解像度化とコントラス調整で瞳の中の人物像を鮮明化

超解像度化とコントラス調整

連続して撮影された画像がある場合、複数枚の画像のピクセル情報を計算して組み合わせることで、高解像度の画像を作成し、不鮮明な画像から証拠データを抽出します。

走行車のブレたナンバープレートをモーション修正で解析

モーション修正で解析

走行中の車のナンバーや、車内の人物など、動く物体に対してブレた画像をモーション修正機能で補正して、証拠画像を解析します。

角度がきつく識別が困難な画像を角度補正で広げて解析

角度補正で解析

撮影された車両のナンバープレートや看板など、角度が狭く識別が困難な場合、選択した範囲の画像の幅を広げて、角度補正をするでことで読めなかった数字や文字を解析することができます。

撮影時に焦点がボケた画像をフォーカス補正で鮮明化

フォーカス補正で鮮明化元の画像の焦点の大きさをフォーカス補正で調節していくことで、判別できるレベルに鮮明化します。防犯カメラ、ドレイブレコーダー、スマホのカメラなど、様々なピンボケ画像を解析できます。

断片化、破損した動画のフォレンジック

動画・ビデオファイルは、ファイルが一部破損しただけでも動画を再生できなくなったり、消えてしまいます。AOSの画像解析フォンレジックは、監視カメラや、ドライブレコーダー、業務用ビデオからスマートフォンまで、あらゆる動画の失われてしまったデータの全て、あるいは、破損していない部分のデータを取り戻すことができます。

動画フォレンジックの技術はこちらから →

動画のフォレンジック

複数フレームを組み合わせて画像の鮮明化を行います

動画フォレンジックでできること

ストレージメディアから削除された動画ファイルの復旧

削除CCTV(監視カメラ)、DVR、ドライブレコーダー、スマートフォン、業務用カメラ、デジカメなどあらゆるデバイスの削除された動画データを復旧します。

クイックフォーマットや初期化された動画ファイルの復旧

モーション修正フレームが破損していても部分的に修復して再生させることができます。それぞれのフレームに蓄積されたデータとコーデック情報に着目してフレーム単位でデータを検出します。

再生プレーヤーが壊れた独自システムファイルの動画復旧

プレーヤーの故障ディスクは独自のファイルシステムを利用しており、再生プレーヤが壊れている場合でも、データセクションだけをみて、実際のファイルシステムを無視して再生を可能にします。

断片化、破損して読み込めなくなった動画ファイルの復旧

動画データファイルの一部が破損して読み込めなくなった動画データを時間データを抽出して、フレーム単位で画像データを検出し、コーデック情報から動画を抽出します。

動画フォレンジックで調査できるもの →

AOS画像解析フォレンジックツール

AOSでは捜査機関、専門家向けにAOS画像解析フォンレンジックツールも販売しています。

AOS画像解析フォレンジック Professional
AOS画像解析フォレンジック Enhancement