Nuix Investigation & Response

Adobe_PDF_file_icon_32x32.png製品カタログはこちら

Adobe_PDF_file_icon_24x24.pngデジタル・フォレンジック研究会 「第15期 第1回 日本語処理解析性能評価」実施結果報告書

〉上記製品ニュースはこちら

世界で最も使われているメールや文書ファイルのための不正調査ツールです。

世界標準 不正調査ツール

Nuix Investigation&Responseは、世界の大手コンサルタント事務所、訴訟支援事業者、法律事務所、企業、政府機関、法執行部門(警察)及び、世界の大手法人コンプライアンス部門で使用されている世界標準の不正調査ツールです。
Nuixの高度なデジタル調査技術により、警察など法執行機関の調査官が1日にテラバイト級のデータを収集、調査、処理し、適切なタイミングでデータ分析をおこなうことが可能になります。ユーザーは、より早く、より優れた結果を得るため、莫大なデータの調査・関連付けを迅速に効率良くおこない、証拠の最重要部分を抽出し、データを詳細に分析することができます。

世界標準 不正調査ツール

すべてのデータをNuixで調査

Nuixでは、入手可能なあらゆるデータを、調査官が1つのストレージに迅速に集めることができます。また、複数の高度な調査技術を用いてデジタル証拠の内容を把握することができます。さらに、Nuixは、企業名、合計金額、Eメールアドレス、IPアドレス、国籍、電話番号、クレジットカード番号などの主な機密情報を自動的に特定し、関連付けをおこないます。

直感的にわかりやすく、操作性の高いインタフェース

操作画面は日本語化されており、直観的に分かりやすく、操作性の高いインタフェースです。

グラフィカルな分析支援機能

多角的な分析のため、さまざまなビジュアルツールが用意されています。

●ネットワークマップ

メールや携帯電話のコミュニケーション履歴から、関係者の関連性を浮かび上がらせます。調査対象者が誰とどのくらい濃密にコミュニケーションをしていたかが分かります。

investigation02

●イベントマップ

特定の調査対象者のメール送受信履歴を時系列で表示することができます。特定の情報がいつ漏洩したかを推測することができます。

investigation03

●位置情報分析

画像に含まれている情報や携帯電話の位置情報を地図上にマッピングさせることができます。位置情報は、事案調査時に決定的な証拠となる場合があります。

investigation04

●サムネイル抽出

画像ファイルはもちろん、メールに添付されている画像や圧縮されている画像も抽出し、サムネイルを作成することができます。

investigation05

●タイムライン

タイムライン表示で見ることによって、コミュニケーションの傾向を把握・分析することができます。ファイルの種類、タグ、カストディアン、言語別に自動分類することができます。

investigation06

パターンマッチング機能

クレジットカード番号、通貨などの固有表現をもれなく抽出できます。事前に設定することにより、パターンにマッチした項目を自動的に分類することができます。通貨の場合、円、元、€などのマルチバイト表示の通貨にも広く対応しています。標準は以下のパターンマッチング機能が付いています

  • 電子メールアドレス
  • クレジットカード番号
  • 会社名
  • 個人ID
  • 資金
  • 人名
  • IPアドレス
  • URL
  • 国名

investigation07

重複・近似ファイルの抽出・除外機能

データの分析を効率的に行うため、重複ファイルや近似ファイルを即座に発見することができます。

●重複排除機能

MD5ハッシュアルゴリズムを使用して、ファイルにハッシュ値を付けます。同一のハッシュ値のものを排除して、一つに絞り込むことができます。この機能により調査効率が大幅に改善されます。
アイテム全体から重複排除をする機能と、カストディアンごとに重複排除を行う機能があります。

investigation08

●近似抽出機能

テキストの内容を分析することにより、似たような文書を抽出することができます。文書の改ざん、盗用などを調査する事案に使用されます。

investigation09

画像解析機能

画像ファイルだけではなく、メールに添付されている画像、Word、Excel、PDFなどの文書ファイルに貼り付けられている画像を抽出することができます。

●スキントーン

膨大な数の画像から肌色を自動認識して、ピックアップする機能です。社内のセクハラ、不正サイトアクセス調査や、わいせつ系の事件調査に活用されます。

スキントーン

●顔認識

膨大な数の画像から人の顔を自動認識して、ピックアップする機能です。事件の調査に活用されています。

画像解析機能

OCR機能

画像ファイルやテキスト情報が含まれていないPDFファイルなどから文字情報を抽出し、検索可能な状態にします。様々な言語に対応していますので、グローバルな事案の対応に活用できます。

OCR機能