リーガルテック書籍

国内において、急速に進む法曹界のIT化。Googleの検索ワードにも「リーガルテックとは」、「リーガルテック市場」、「リーガルテック 弁護士」などの言葉を見かけるようになりました。法曹界IT化のトレンドの一角を占める「リーガルテック」について、知識を深めたい方にお薦めの入門書・専門書をご紹介します。


NEW!

勝ち組企業が取り組むAPIファースト

APIエコノミー

250兆円経済圏が生まれる今、乗り遅れないためのAPIの基礎

AOSリーガルテック株式会社 佐々木隆仁・著 編集協力 志田 大輔、丸山 耕二、鳴海 拓也、森野 誠之

出版社: 日経BP社ISBN-10: 4822258246 / ISBN-13: 978-4822258245

発行日: 2018/2/26 第1版 第1刷

すでに多くのソフトウェア会社がさまざまなAPIを提供している。そして、「それらのAPIを使いたい」と考えている多くの企業やプログラマーも存在している。しかし、「思ったほどには、APIがユーザーに広がっていない」という課題がある。それは、特定のソフトウェアの機能に特化したAPIでは、ユーザーにとって必ずしも利便性が高いとはいえないからだ。そのため、供給側が「APIを使ったらいろいろなプログラムが呼び出せる」と利便性をうたっても、結果として多くの人には広がっていない。
では、この課題をどうやって解決すればいいのか。一つの案として、以前から私は「APIの利便性を高めるような環境を整備していく必要があるのではないか」という思いを抱いていた。すなわち・・・。


NEW!

ついに上陸!法律ビジネスの未来を変える新技術

LegalTech リーガルテック

いま注目のキーワードがこの1冊ですべてわかる!リーガルテックを知らないと時代の波に乗り遅れる!!

AOSリーガルテック株式会社 佐々木隆仁・著

出版社: アスコム / ISBN-10: 4776209721 / ISBN-13: 978-4776209720

発行日: 2017/12/1 第1刷

なぜ、いまリーガルテックが注目されているのか?法律業務にテクノロジーが欠かせなくなったのは、ITの進化によってあらゆる情報がデジタル化されてきたからです。膨大なデジタルデータの山から裁判や調査に必要な情報を探し出すのは、どれだけ人手と時間を費やしても不可能な時代になりました。だからこそ、今すべきことはリーガルテック先進国のアメリカで起きていることを知り、自分の身に起こり得るリスクについて考えることです。本書をその為のリーガルテック入門書としてご活用いただければ幸いです。


デジタル訴訟の最先端から学ぶ

コンピュータ・フォレンジック完全辞典

米国政府、世界的企業から絶大な支持!!最先端ビジネスで本当に勝つための実践テクニック!!

Michael G. Solomon,K Rudolph,Ed Tittel ほか・著、AOS法務IT推進会・訳 佐々木隆仁、柳本英之・監修

出版社: 幻冬舎ルネッサンス / ISBN-10: 4779007909 / ISBN-13: 978-4779007903

発行日: 2012/2/25 第1刷

大手企業、国家機関などのフォレンジック調査を手がける最高峰のITチームが書き下ろしたコンピュータフォレンジック専門家になるための指南書。裁判事例からコンピュータ・フォレンジックの基本、ツールの使用方法、実践における様々なテクニック、上級者となるための知識まで、犯罪調査と企業インシデント対応のどちらにとっても役に立つ、幅広い情報を紹介します。自分の理解度を確認できる復習問題付き!


話題のロングセラー

e法務ディスカバリがゼロから分かる!

デジタルデータは消えない

大相撲の八百長は、なぜ暴かれたのか。

AOSリーガルテック株式会社 佐々木隆仁・著

出版社: 幻冬舎ルネッサンス / ISBN-10: 4779060389 / ISBN-13: 978-4779060380

発行日: 2011/3/10 第1刷、2015/10/8 第9刷

消去したはずのパソコンや携帯電話の履歴が証拠となる時代が到来した。「データは消えない」「情報は必ず流出する」を前提にリスクマネジメントをする必要がある。データの復元や抹消、改ざん、漏洩した情報の追跡、コンピュータフォレンジック……、デジタル訴訟社会にどう備えるべきかを論じる。


―危機を成功に導くリスクマネジメント・トレーニング

クランチ・ポイント

絶望的な状況こそ、圧倒的な成功を収めるチャンスなのだ!?

ブライアン・トレーシー・著、AOS法務IT営業部・訳

出版社: 幻冬舎ルネッサンス / ISBN-10: 4779008514 /ISBN-13: 978-4779008511

発行日: 2012/6/29 第1刷

「クランチ・ポイント」(窮地)へようこそ」どんなビジネス、人にも企業の存続、人間関係や金銭、家族、健康などに関する危機が訪れる。これらは、あなたをこてんぱんに打ちのめすだろう。しかし、本当にタフな人間は、困難な状況に陥った時にこそ力を発揮するものである。クランチ・ポイントに直面して初めて、人は、自分が本来持っている力に気づくことになるのだ――。あなたを困難から救う21の行動を徹底解説!


日本企業が米国式特許ビジネスで成長するために

NPE訴訟と新知財戦略

TPP、法律市場の自由化、特許ビジネスの拡大、成功の鍵は、「知財の収益化」と「NPE訴訟の予防策」にある。

ダニエル・マクドナルド・著、佐々木隆仁 杉浦和彦・編・訳

出版社: 幻冬舎ルネッサンス / ISBN-10: 4779010551 / ISBN-13: 978-4779010552

発行日: 2013/11/15 第1刷、2014/10/20 第3刷

米国では特許侵害訴訟が急増しており、その原因を作っているのが、「特許不実施主体(NPE)」と呼ばれる会社です。NPEは「企業相手にNPE訴訟を起こす」という目的のためだけに、訴訟を起こし、特許使用料によって収益を得ています。日本企業を標的にしたNPE訴訟は今後ますます増加することが予想され、避けて通れない課題となっています。しかし、NPEが全て悪いわけではありません。使いようによっては、特許権利者の権利を守るのに有効であり、日本の知財を侵害している海外企業を訴えることも可能です。
TPP、法律市場の自由化、拡大する特許ビジネス……。国際知財紛争の攻め方と守り方は? 裁判を有利に導くために何が必要なのか? 米国での判例、特許資産の有効活用時におけるリスクなど、知財訴訟に直面する企業へ贈る「米国最高の弁護士」が記した勝利の方程式。


佐々木隆仁

著者・訳者:AOSリーガルテック株式会社
代表取締役社長佐々木 隆仁(ささき たかまさ)

1964年、東京都生まれ。89年早稲田大学理工学部卒、大手PCに入社、OS開発に従事、95年に起業。AOSテクノロジーズ社を立ち上げ、リーガルテクノロジーを中心とした事業を推進。2000年より、データ復元ソフト「ファイナルデータ」を発売し、01年日経サービス優秀賞受賞。12年にAOSリーガルテック株式会社を設立し、代表取締役に就任。15年に第10回ニッポン新事業創出大賞アントレプレナー部門で最優秀賞受賞、経済産業大臣賞受賞。


【リーガルテックのトレンド】

2017年10月25日に開催された『第5回 JAPAN LEGAL TECHNOLOGY CONFERENCEリーガルテック展 2017』のメインテーマは「Regtechとリーガルテック」でした。Regtech(レグテック)とは、規制(Regulation)と技術(Technology)を合わせた造語で、アメリカやイギリスを中心に2015年頃より使われた始めた用語です。Regtechは、金融機関が技術を駆使して金融規制対応を刷新することを目指しており、Fintech領域の一部だと考えられています。

本カンファレンスは領域(官庁、識者、法曹界、企業の経営・管理部門など)の先駆者をお招きし、改革推進、定着支援、規制等対応の各ポジションを担う皆様が、テクノロジーという触媒、あるいは寛いだ雰囲気の情報交換の場を通して大いに語り、近い将来訪れる”変化”を感じ取り、各位の支援範囲の拡大や生産性向上などの勘どころを見出す会で、2017年は5回目の開催となりました。

『第5回 リーガルテック展2017』 詳細 >


※ Web上のブックストア等で上記の書籍をお探しになる場合は、書籍名、あるいは各書籍の出版社の右側にある”ISBN”コードを参考に検索していただくと便利です。

※2018年*月現在、『LegalTech リーガルテック』は、出版を記念し先着50名様に同書籍を無料進呈しています。


AOSリーガルテック株式会社
データ復旧サービス データバックアップサービス フォレンジックサービス マイナンバーソリューション リーガルテックツール販売事業
データ移行サービス データ消去サービス eディスカバリーサービス Nuix事業 i証明サービス
ISO27001-UKAS-014-color2

ページの先頭へ