価格

price_btn

フォレンジック調査サービスは、インシデント発生からできるだけ早い時点でお客様の状況とご要望をヒアリングすることから始まります。
次いで調査対象のオリジナルデータを証拠性を確保するために複製し保全します。
そのうえで複製データの解析を行い、大量のデータの中から証拠となるデータを発見します。デバイス上に存在する通常のデータの他、意図的に削除されたデータの復元や、過去のメール、WEB利用状況といった詳細な情報を検出し、ご報告致します。

フォレンジック調査の流れ

パソコン調査の費用と流れ (パソコン1台あたりの費用)

パソコンの調査においては「情報漏えい」や「残業代不正請求」などの証拠となるデータを調査対象のハードディスク内から、「メール」「インターネットアクセス履歴」など様々なデータを調査し、抽出し、そのデータが消されている場合は復旧可能であればデータを復元し、調査が完了した後、法廷に提出可能な形で弁護士の作成した調査報告書をご納品します。

初回ヒアリング(ご相談)は無料です。お気軽にご相談ください。

パソコンフォレンジック調査の費用例

パソコンフォレンジック A   労務訴訟調査事例 〜 退職した従業員による労務訴訟 〜

退職した従業員から、不当解雇を理由とする従業員の地位の確認及び未払い残業代の請求訴訟を起こされたため、会社側でも実態調査が必要となった。

  1. 退職した従業員のパソコンを調べたが、データは消去されており、過去の就業時の履歴データが残っていないことが判明。
  2. パソコンのデータを保全したうえで、データ復元調査を実施することとし、過去5年間分のインターネットの閲覧履歴及びメールデータの復元を行った。
  3. 復元したインターネットの閲覧履歴より、請求された未払い残業の時間帯に業務に関係ないサイトへのアクセス履歴を多数検出した。
  4. 復元したメールデータより、業務上の機密データをメールに添付して外部に送信している痕跡を検出した。

労務訴訟調査事例

結果

上記データを証拠として提示することにより、訴えが取り下げられ、示談が成立しました。

パソコンフォレンジック B   情報漏えい調査事例 〜競合他社への情報持ち出し〜

既存顧客からの指摘で、顧客情報と技術情報が競合他社に持ち込まれていることが発覚。内部調査で退職した元従業員が浮上した。損害賠償請求のため、情報の不正持ち出し、顧客の囲い込み行為を立証する証拠となるデータの収集が必要となった。

  1. パソコンのデータを保全したうえで、ファイルアクセスの調査を実施したところ、元従業員が退職意思を表明する数ヶ月前から、顧客情報と技術情報への不自然なアクセスがあったことが元従業員のパソコンのアクセスログから判明。
  2. 外部メモリを接続し、機密情報ファイルを不正コピーした記録となる情報を取得。ログから実行日時、コピーされたファイルも特定できた。
  3. 元従業員は、取得した情報を私用メールへ送信した後、一連の行為を隠ぺいするためにパソコンから技術情報を削除し、メールの送信履歴も意図的に削除していたことが判明。

情報漏えい調査事例

結果

機密情報を不正に取得した日時と、意図的な隠ぺい工作の証拠となるデータを検出できたため、情報漏えいの拡大を防止し、損害賠償を請求することができました。

パソコンフォレンジック C   パワーハラスメント訴訟事例 〜従業員によるパワーハラスメント訴訟〜

幹部社員Aに関して、部下より、勤務態度が良くないので注意勧告して欲しいとの要望があったため、調査の上役員が注意したところ、Aが組合を設立し、会社にパワーハラスメントによる損害賠償請求をしてきた。そこで、会社側の依頼によりAのパソコンの調査を行った。

  1. 就業時間中(3ヶ月間)に数万に及ぶインターネット閲覧履歴があり、特に、趣味のウェブサイトにアクセスして、オークションをしていたことが明らかになった。
  2. Aのパソコンの削除データを復元したところ、本来アクセスが許されない顧客情報がダウンロードされ、その後、自宅のパソコンにデータをコピーしたことが判明した。

情報漏えい調査事例

結果

幹部社員Aが損害賠償請求を取り下げ、かつ、自己都合により退職しました。

スマホ・携帯電話調査の費用と流れ (携帯/スマホ1台あたりの費用)

スマートフォン・携帯電話の調査においては「いじめ」や「不倫」などの証拠となる端末内の「メール」「LINE」などのデータを調査し、抽出・復元したデータとともに、法廷に提出可能な形で弁護士の作成した調査報告書をご納品します。

初回ヒアリング(ご相談)は無料です。お気軽にご相談ください。

モバイルフォレンジック要望データ例

モバイルフォレンジック A    モバイル調査事例 〜ストーカー被害者からの依頼〜

ある女性がストーカーに狙われており、1日に何百通ものメールやLINEメッセージ、また電話を受けていたが、被害者は加害者からのメール等をその都度削除していた。後に被害者はストーカーを告訴しようと思い至ったが、客観的証拠がなかったため、これらの通信記録の復元を依頼してきた。

  1. ①メール、メッセージ、LINEの復元を行うことにより、過激な内容の発言を行っているメッセージを特定できた。
  2. ②通話履歴の復元を行うことで、加害者から1日に何回連絡があったか把握できた。

 モバイル調査事例

結果

警察への告訴が受理され、捜査開始。被害者は以降ストーカーから解放されました。

フォレンジック価格表

「パソコンフォレンジック調査価格表」

1. ヒアリング 秘密を保持しつつ事案を確認し、調査内容や調査方法などをご提案します。 無料
2. 保全 調査対象となる媒体(ハードディスクなど)のデータを専用機器で複製し、さらに複製したデータについてオリジナル媒体のデータと同一であることをハッシュ値で確認する作業となります。

※1)保全したデータを記録した媒体の金額を含みます。
※2)お客様ご指定の現地保全(裁判所も含む)の場合は、出張にかかる技術者の拘束時間と現地までの交通費(実費)が、別途追加となります。
※3)「保全」のみの依頼もお受けいたします。

120,000円
(USBメモリ,SDカードは
70,000円)
3. 調査 基本技術料 調査項目の種類や量などに関わらず、データの抽出までに掛かる費用となります。 100,000円
(USBメモリ,SDカードは
70,000円)
オフィスファイル Word/Excel/PowerPoint及びPDF 50,000円
メールデータ Outlook PSTファイルサイズ20GB以上、または6ファイル以上は別途お見積り 各50,000円
Outlook Express 11フォルダ以上は別途お見積り
Thunderbird 11フォルダ以上は別途お見積り
Windows Mail(eml形式)
Windows Live Mail(eml形式)
11フォルダ以上は別途お見積り
Notes ユーザーIDとPWが必要 200,000円
その他のメール 別途お見積り
写真データ JPG 1万ファイル以上は別途お見積り 50,000円
その他の写真データ 拡張子ごとの見積もりとなります 別途お見積り
動画データ AVI/MP4/MOV/MPG/M2TSなど 50,000円
高度動画復元(鮮明化技術、画像補正技術などを要する場合)
(金額は、種類や容量などによって異なります)
100,000円~
アクセス履歴 Web閲覧履歴 InternetExplorer 各50,000円
Safari
FireFox
Chrome
その他 別途お見積り
ファイル閲覧履歴 LNKファイル、ローカルファイル閲覧履歴の調査 50,000円
USB接続履歴の調査 Windowsのみ 50,000円
イベントログ ・パソコンの電源のオン/オフ履歴
・アカウントのログオン/ログオフ履歴
・Windowsのサービスの開始/終了の履歴 など
50,000円
Webキャッシュ インターネット一時ファイルの調査
(アクティブファイルのみが対象で、文字列検索のみとなります)
50,000円
(ブラウザ毎)
キーワード検索 お客様ご指定の10ワード以内の検索結果をご報告します。 50,000円
お客様自身による検索(弊社のeディスカバリーツールにより検索できる環境をご提供いたします) 別途お見積り
その他 別途お見積り
4.調査報告書の作成 弁護士の監修に基づき、弊社のフォレンジック調査員が作成します。
(内容は弊社標準となり、内容やご要望により追加費用が発生します)
50,000円~
5.特急料金(オプション) お急ぎの場合は他に優先して対応させていただきます。 上記料金合計の20%増し

※パソコン1台あたりの価格となります。
※基本技術料は、パソコンの解体やハードディスクの取り外し等からデータの抽出にかかる費用をすべて含みます。
※データの復元ができなかった場合でも、基本料金、保全費用および報告書作成費用は発生します。
※データ納品用媒体の価格は上記調査費に含みます。
※納期は弊社預かり後約2~3週間ですが、調査対象の機種や台数およびデータ量によってはそれ以上かかる場合があります。

「モバイルフォレンジック調査価格表」

1.ヒアリング 秘密を保持しつつ事案を確認し、調査内容や調査方法などをご提案します。 無料
2. 保全 調査対象となる媒体(スマートフォンなど)のデータを専用機器で複製し、さらに複製したデータについてオリジナル媒体のデータと同一であることを確認する作業となります。

※1)保全したデータを記録した媒体の金額を含みます。
※2)お客様ご指定の現地保全(裁判所も含む)の場合は、出張にかかる技術者の拘束時間と現地までの交通費(実費)が、別途追加となります。
※3)「保全」のみの依頼もお受けいたします。

100,000円
3.調査 基本技術料 調査項目の種類や量などに関わらず、データの抽出までに掛かる費用となります。 100,000円
一般項目 SMS iPhoneについては、「メッセージ」アプリのデータ抽出であれば可ですが、「メール」アプリのデータ抽出は不可となります 各50,000円
キャリアメール
メール
通話履歴
電話帳
画像 3万枚以上は別途お見積りとなります
iPhoneについては削除データの復元は不可となります
Web閲覧履歴 iPhoneについては削除データの復元は不可となります
S
N
S
LINE 各アプリについて、メッセージ5万件以上は別途お見積りとなります
(全てのデータをキーワードで検索可能なExcel表にて納品します)
Twitter
FB
Messenger
Skype
Viber
WeChat(微信)
カカオトーク
4.調査報告書の作成 弁護士の監修により、弊社のフォレンジック調査員が作成します。
(内容は弊社標準となり、内容やご要望により追加費用が発生します)
50,000円~
5. 特急料金(オプション) お急ぎの場合は他に優先して対応させていただきます。 上記料金合計の20%増し

※スマートフォンなど媒体1台あたりの価格となります。
※対象媒体はフィーチャーフォン(いわゆるガラケー)及びスマートフォン(iPhoneおよびAndroidなど)となります。  
ただし、機種によってはお受けできないか、または別途お見積りとなる場合があります。
※基本技術料は、携帯電話・スマートフォンの解体からメモリチップの取り外し等、データの抽出にかかる費用をすべて含みます。
※基本技術料は、パソコンの解体やハードディスクの取り外し等からデータの抽出にかかる費用をすべて含みます。
※データの復元ができなかった場合でも、基本料金、保全費用および報告書作成費用は発生します。
※データ納品用媒体の価格は上記調査費に含みます。
※納期は、弊社預かり後約2~3週間ですが、調査対象の機種や台数およびデータ量によってはそれ以上かかる場合があります。

「動画復元フォレンジックサービス」

「ファイルが削除または破損している」「メディアが再フォーマットされている」「プレイヤーが壊れている」などの際に、ファイル単位でデータを検出・復元することにより、ファイルが壊れていても正常フレームを確実に復元します。

1.ヒアリング 秘密を保持しつつ事案を確認し、調査内容や調査方法などをご提案します。 無料
2. 保全費 調査対象となる媒体のデータを専用機器で複製し、さらに複製したデータについてオリジナル媒体のデータと同一であることを確認する作業となります。

※1)保全したデータを記録した媒体の金額を含みます。
※2)お客様ご指定の現地保全(裁判所も含む)の場合は、出張にかかる技術者の拘束時間と現地までの交通費(実費)が、別途追加となります。
※3)「保全」のみの依頼もお受けいたします。

120,000円(1媒体あたり)
3. 調査費 対象となるファイルの復元が可能かどうか?復元が可能な場合の内容と見込みについての判断とご報告を行います。

※4)復元が不可能な場合であっても当費用は発生します。
※5)調査対象の媒体容量が64GBを超える場合は別途見積りとなります。

100,000円(1媒体あたり)
4. 調査結果データ費 復元されたデータを納品致します。 150,000円(1媒体あたり)
5. 特急料金(オプション) お急ぎの場合は他に優先して対応させていただきます。 上記料金合計の20%増し

※上記はすべて媒体1台あたりの価格となります。
※調査対象のファイル形式が特殊な場合(AVI/MOV/MP4以外)は、別途見積りとなります。
※復元が成功したか否かの判定基準については、事前に取り決めさせていただきます。
※データ納品用媒体の価格は4.調査結果データ費に含みます。
※納期は弊社預かり後約2~3週間ですが、調査対象の機種や台数およびデータ量によってはそれ以上かかる場合があります。

「画像鮮明化フォレンジックサービス」

画像の輪郭鮮明化、ピンボケ補正、ブレ補正、角度補正などを行うことによって、画質の改善、鮮明化を実現します。

1.ヒアリング 秘密を保持しつつ事案を確認し、調査対象の特定や調査内容および調査方法などをご提案します。 無料
2. 保全費 調査対象となる媒体のデータを専用機器で複製し、さらに複製したデータについてオリジナル媒体のデータと同一であることを確認する作業となります。

※1)保全したデータを記録した媒体の金額を含みます。
※2)お客様ご指定の現地保全(裁判所も含む)の場合は、出張にかかる技術者の拘束時間と現地までの交通費(実費)が、別途追加となります。
※3)「保全」のみの依頼もお受けいたします。

30,000円(1媒体あたり)
3. 調査費 対象となる画像ファイルの鮮明化が可能かどうか?鮮明化が可能な場合の内容と見込みについての判断とご報告を行います。

※4)事前に鮮明化の対象(車のナンバーや文字など)を取り決めます。
※5)鮮明化が不可能な場合であっても当費用は発生します。
※6)本調査は、調査対象1項目あたりの価格となります。

50,000円(1項目あたり)
4. 調査結果データ費 鮮明化されたデータを納品致します。 150,000円(1媒体あたり)
5. 特急料金(オプション) お急ぎの場合は他に優先して対応させていただきます。 上記料金合計の20%増し

※調査対象のファイル形式が特殊な場合(AVI/MOV/MP4以外)は、別途見積りとなります。
※鮮明化が成功したか否かの判定基準については、事前に取り決めさせていただきます。
※データ納品用媒体の価格は4.調査結果データ費に含みます。
※納期は弊社預かり後約2~3週間ですが、調査対象の機種や台数およびデータ量によってはそれ以上かかる場合があります。

「画像解析フォレンジックツール」

動画復元、画像鮮明化などをツール(ソフト)として、販売いたします。

ツール名 内容 ライセンス費 保守費
(2年目以降)
年間ライセンス
(保守費込み)
Proffesional
(Pro/3)
動画復元ツール 2,700,000円 270,000円 800,000円
Enhancement 画像鮮明化ツール 1,800,000円 180,000円 550,000円

※保守費は、バージョンアップ、バグ修正、お問い合わせ対応などの費用であり、初年度は無料となります。