100年に一度の改革はあと数年で勝負が決まる。業種を超えるモビリティ3.0へのアプローチ 他

MaaSとは、Mobility as a Serviceの略で、運営主体を問わず通信技術の活用により、マイカー以外の交通手段による移動を1サービスとして捉えシームレスにつなぐ新たな移動手段の概念です。リーガルテック社は、MaaSをより安心して利用できるよう、リーガルテクノロジー(自動車フォレンジック)で貢献します。

トヨタとデンソー、車載半導体で新会社 「CASE」対応急ぐ


100年に一度の改革はあと数年で勝負が決まる。業種を超えるモビリティ3.0へのアプローチ


デザインの時代は終わったのか? どうなる“プラットフォーム”になったクルマのカタチ


ZF、AI利用の車酔い防止システム開発中…自動運転車での活用も想定