インハウス・フォレンジック AOS Forensics ルーム 実演モデルルームのご案内

AOS Forensics ルーム 実演モデルルーム

AOS-Forensics-room_slide

リーガルテック社内 インハウス・フォレンジック 実演モデルルーム

「AOS Forensics ルーム」実演モデルルームは予約制です。
予約フォームからご登録ください。

企業が自力で不正調査を行うためのインハウス・フォレンジックを体験できます。

リーガルテック株式会社本社にて「AOS Forensics ルーム」実演モデルルームを設置しております。
企業が自力で不正調査を行うためのソリューションとして、20年以上のリーガルテック社のフォレンジック調査のノウハウを結集して、実際のフォレンジックルームの設置からツールの導入、フォレンジック調査のレクチャーまでを全てワンストップでご提供します。

モデルルームでは、実際のツールを使ったり、デモをご覧になって、インハウス・フォレンジックを体験することができます。

AOS-FR-DR2_w420_left
AOS-FR-DR2_w420_right
所在地・アクセス 〒105-0001 東京都港区虎ノ門5-13-1 虎ノ門40MT森ビル4F
リーガルテック株式会社(地図)
東京メトロ(地下鉄)日比谷線[神谷町駅]より徒歩1分
都営地下鉄三田線(地下鉄)[御成門駅]より徒歩8分
東京メトロ(地下鉄)南北線[六本木一丁目駅]より徒歩10分
ご予約可能時間 10時00分~17時00分
休館日 土曜・日曜・祝日・お盆・年末年始

AOS Forensic ルームでの作業プロセス

aos forensics ルーム

AOS Forensics ルームでは、以下の作業手順で作業を行います。フォレンジック調査ソフトやハードウェアをコンポーネントで構成されたシステムとして提供し、調査室の設置、システムの使い方、フォレンジック調査の方法、調査官の教育及び研修、調査支援などを行うインハウス・フォレンジック調査室の構築を支援します。

notepc_w400

① 初期調査

ファストフォレンジック調査でトリアージ

ファストフォレンジック調査により、調査開始時に調査の対象にしようとしている機器のデータの状態を速やかに把握し、保全対象と優先順位を決定します。これにより、さらなる調査が必要かどうかを判断し、「AOS Fast Forensics」は、素早く初期調査を行う際に役立つツールです。高速モードでOS情報、ファイル情報、インターネット履歴、最近アクセスしたドキュメント、USB接続履歴などを調査することができます。

Duplicator_w400

② データ収集(保全)

証拠性を損なわないように、データの収集

調査対象機器内の証拠性を損なわないように、データの収集を行います。収集が必要なデータは、Windows、MAC、iOS, Androidなど様々なOSのファイルシステムに格納されています。証拠の収集漏れがないように、細心の注意を払って、データ収集を行う必要があります。削除されたデータの復元が必要になる場合には、ファイルの収集だけでは不十分で、ディスクイメージの収集が必要となります。

data-processing_w400

③ データ処理・解析

収集したデータを解析、復元

フォレンジックツールにより、収集したデータを解析、復元、検索、分類等を行います。データ処理・解析で最も重要なことは、証拠分析を行う能力です。優れたツールを駆使することにより、証拠調査能力を高め、迅速な分析ができるようになります。

review_w400

④ レビュー

処理されたデータをレビューし、証拠を特定

処理されたデータをレビューし、証拠を特定します。場合に応じてレビュープラットフォームを使用します。大量のデータをレビューする必要がある場合は、レビュープラットフォームを使って、効率を上げる必要があります。最新のツールを駆使すれば、ある程度の証拠データの仕分け作業を行うと、残りのデータは、自動的に仕分けが行われるようになり、レビュー時間を大幅に短縮することができるようになります。

report_w400

⑤ 報告

報告用の最終成果物をまとめる

報告用の最終成果物をまとめる

報告書及び、報告用の最終成果物をまとめます。報告書を作成する際には、ケースに応じた報告書のフォーマットを活用することで、包括的な報告書を効率よく作成することができます。報告対象者に合わせたフォーマットで報告書を作成し、組織全体で共有する必要があります。