AOS Data Forensics

USBメモリを挿入するだけ、高速フォレンジックツール

usbメモリ起動
1クリック調査
高速調査

step1

USBメモリを挿入するだけ
インストール不要

AOS Data Forensicsは、USBメモリを挿入し、プログラムを実行するだけで調査対象パソコンにインストールすることなく、データ収集が可能です。調査対象パソコンへのデータ改変を最小限に重要情報の分析が可能です。

USBメモリを挿入して起動するだけ

step2

1クリックで高速フォレンジック開始

高速モードのSTARTボタンを1クリックするだけで、独自の高速収集技術により、重要情報を数分で収集することができます。フォレンジックで必要とされる高度な技術を意識することなく、簡単なボタン操作で瞬時に重要な情報に辿り着くことができます。

1クリックで重要情報を自動的に収集

step3

高速モードで調査結果をすぐ表示

高速モードの分析結果は調査パソコン上の画面ですぐに確認ができます。
OS情報、WEB履歴、最近使用した文書、USB接続履歴、ファイルタイプを取得できます。分析結果は調査対象PCに接続した証拠保全用ストレージに保存することができ、保存形式はPDFまたはCSV形式を選択することができます。

USB接続履歴は、接続されたUSBデバイスのシリアル番号など各種情報を一覧表示

2つのモードでフォレンジック調査を効率化

高速モード

高速スキャンにより簡単に重要項目のフォレンジック調査

  • OS情報

    パソコン名、OSのインストール日付、最後にシャットダウンされた日時、プロダクトID、OS名などを確認

  • ファイルタイプ

    パソコン内の通常・削除ファイルを種別ごとに一覧で表示

  • Web履歴

    ブラウザでアクセスしたサイトと日時を一覧で確認

  • 最近使用した文書

    アクセスしたドキュメントを一覧表示

  • USB接続履歴

    接続したUSBのタイプ、シリアル番号、接続日時を確認

  • 詳細モード

    高度な機能により詳細なフォレンジック調査

  • ファイルビュー

    主要ファイルのコンテンツを確認

  • 自動分析機能

    高速モードで取得できる項目に加え、自動実行プログラムやネットワーク情報などを自動で分析

  • 検索

    サイズや種別、パスワードの有無などを指定して検索ファイル内に含まれる文字列のキーワード検索

  • 未割り当て領域の検索

    未割り当て領域から任意のファイルタイプを検索し復元

  • イメージ取得

    調査対象PCのイメージファイルを取得可能、EnCaseイメージ(E01)形式もサポート